ホールディスホームで自宅のように

一軒一軒選び抜いたアパートメント、また行き届いたアシスタントサービスを提供しております。

Ascanio Sforza/2872 Ascanio Sforza/2872
Via Ascanio Sforza

最新情報を得る

最新オファーを得る

物件マネージメント

ホールディスが所有物件のマネージメントを請け負います。新しいスタイルの不動産投資

出張、赴任の方へ

遠く離れたヨーロッパでもホールディスに任せれば安心。アパートメント選びから滞在中までサポートします。出張、赴任先でも自宅のようにくつろげます。

代理店

顧客に新しい旅のスタイルを提案:その土地に暮らすような旅。小都市滞在やその土地らしい物件など...今までにない体験が出来る旅行

コンタクト

詳しい内容のお問い合わせやご相談は10ヶ国語で対応しており、日本語もOK。

+81 3 4578 1333
  • 05/12/2014

    ローマ – クリスマスは音楽と共に!

    クリスマス。ローマで観劇。お子様向けミュージカルやオペラ、演劇でいつもと違ったクリスマスを味わう

  • 05/12/2014

    パリでロマンティックなノエル - コンコルド広場の大観覧車

    コンコルド広場の大観覧車からノエルを満喫

  • 05/12/2014

    ミラノでクリスマス: シャガール展

    イタリア最大規模のシャガール展

05/12/2014

ローマ – クリスマスは音楽と共に!

クリスマスは演劇などエンターテイメントでお祝い。 ローマでは大人から子供までたくさんの催しが楽しめます。: ブランカッチョ劇場ではミュージカル・ラプンツェルを上演。有名なグリム童話の一話で、搭に閉じ込められた美しいラプンツェルの育ての母親ゴーテル役にはイタリア人歌手でダンサーのロレッラ・クッカリーニがキャスティングされています。

システィーナ劇場では1963年にジュリー・アンドリュース主演で成功を収めたサウンド・オブ・ミュージックが見逃せません。主要キャストには2人の著名なイタリア人俳優が出演しています。一人目のLuca Wardは海軍将校で7人の子供の父親役ファン・トラップを演じ、もう一人のVittoria Belvedereはジュリー・アンドリュースと同じ役を演じます。
このミュージカルは12月9日から3月末まで上演され、その後イタリア他都市にてご覧いただけます。

クラシック音楽ファンの方は、E.T.A. ホフマンの作品を基にしたチャイコフスキーのバレエくるみ割り人形がオペラハウスで12月18日から1月4日までお楽しみいただけます。

05/12/2014

パリでロマンティックなノエル - コンコルド広場の大観覧車

一年を通して楽しめる街パリでもノエルの時期は特別。2015年を特別に迎えるために、フランスの首都パリへの旅行はいかがですか。

パリの目玉のひとつはコンコルド広場の大観覧車 : 地上60mの高さからパリ市内のパノラマが楽しめます。
1900年に開業後1937年には車輪を回収するために一度廃業しましたが、2000年に再び営業を再開した観覧車です。 毎年コンコルド広場に建ちクリスマス休暇を楽しむパリジャンや観光客で賑わいます。

42のゴンドラや50万個のライトで美しく照らされた観覧車は一年でたった3ヶ月(2014年11月14日から2015年2月15日まで)しか楽しむことができず、その後はヨーロッパ他都市へと移動します。
シャンゼリゼ大通りやサクレクール寺院、マドレーヌ寺院、ルーブル美術館、エッフェル塔、セーヌ川など美しいパリのシルエットを是非お楽しみください。

チケット:
通常 チケット10,00€
割引チケット 5,00€ (お子様10歳まで)

営業時間: 毎日24時まで

05/12/2014

ミラノでクリスマス: シャガール展

2015年2月1日まで, ミラノ王宮でイタリア最大規模のマルク・シャガール展が開かれています。ユダヤ系ロシア人画家であり、のちにフランスへ帰化したシャガールの220点以上のコレクションがご覧いただけます。この中にはワシントンのナショナルギャラリーやニューヨークのMoMa、ポンピドゥーセンターなど世界の主要美術館をはじめ、個人によるプライベート・コレクションから出展されている作品もあります。
ロシア生まれのシャガールはフランス滞在後の1921年にロシアへ戻りますが、1923年にはフランスへ再び戻ります。第二次世界大戦中にはアメリカに亡命し、その後再びフランスへ戻り、コートダジュールに永住することを選びました。

シャガールの作品は現代フランスのジャンルに属しており、前衛芸術のパリ時代にはキュビズムという手法の影響が見られます。

彼の作品のテーマは、子供時代のファンタジーやロシアの農村や夢、ダンスや演劇などをモチーフにしたものが多く、その独特なイメージは詩的な発想に満ち溢れています。(風俗的な情景や日常生活の描写、ヘブライの舞台をモチーフとした作品なども有名です。)

オープン時間:
月曜日: 14.30-19.30
火・水・金・日曜日: 9.30-19.30
木・土曜日: 9.30-22.30

チケット:
通常チケット: 12,00€
割引チケット: 10,00€